« 6/8の状況 | トップページ | 東海村の家、引渡し&永楽台の家 »

2007.06.19

「永楽台の家」の気密測定

Dscf0741_edited1
気密測定の風景です。
「気密」とは、その建物の床面積1㎡あたりの「隙間」がどれ位あるのか?ということです。
次世代省エネ基準での関東地区の数値は、5c㎡/㎡
北海道地域では、2c㎡/㎡となっています。

今回の測定結果は、1回目0.5c㎡/㎡。この数値は私たちの住宅では、既に’当たり前’の数値となっています。
その後、約1時間を掛けてあら探しを行い、改修後の2回目では、0.1c㎡/㎡という結果が出ました。

この数値は、私も初めて出しました。
1㎡あたり、0.1c㎡/㎡の隙間しか無いということです。

この結果は、フレーマーや造作大工さんたちが丁寧な仕事をしてくれたお陰です。

しかし、新たな問題が出来きました。
それは、換気です。このままでは、自然給気口の全てで予定風量以上に給気してしまいます。
つまり、一極集中の原理です。
そこで1箇所、給気口を追加することにします。

| |

« 6/8の状況 | トップページ | 東海村の家、引渡し&永楽台の家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「永楽台の家」の気密測定:

« 6/8の状況 | トップページ | 東海村の家、引渡し&永楽台の家 »