« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008.03.29

屋根材・サッシ

Rimg00361_2 屋根材の施工が始まりました。

屋根材にはアメリカでよく使用されている「オークリッジプロ」を採用しています。

先日、搬入された樹脂サッシの取付も完了しました。

来週から外装工事もスタートとなります。

Rimg00621_2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.24

壁断熱

Rimg00341_2 壁断熱が9割がた終わりました。

弊社ではアキレス㈱の「キューワンボード」を採用しています。従来の断熱材の気泡より細かくなり、熱伝導率(熱の伝わり)が低くなりました。

建物内部では電気・水道・空調等の設備関係が大分進み、セントラル空調の本体も小屋裏に設置されました。

                                                    

Rimg00251

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.18

上棟打ち合わせ

Rimg0127 フレーミング工事が完了し、先日上棟打ち合わせを行ないました。

お施主様にコンセントやスイッチ・空調の吹出し口の実際の位置を確認して頂き、現在では造作・設備等の工事が始まっています。

フレーミング工事が完了したということで、JIOによる構造体検査を行ないました。

Rimg00021_3 JIOの検査結果のほうはもちろん合格です。毎回検査のときは図面通りなので、大丈夫なのですが、ドキドキです。

JIOの検査が終わるとさっそく造作大工さんが断熱を貼り始めました。

Rimg00211

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.12

屋根

Rimg0012_2 今週の月曜日に雨が降られてしまいましたが、問題なく順調に現場は進んでいます。

現場のほうは、小屋(屋根部の骨組)が終わり、断熱・銅縁・野地板までの施工が終わりました。

次はポーチ上とパントリー上にできる下屋の施工が始まります。

Rimg0020

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.08

小屋組みスタート

Rimg0001_2 現在、現場では小屋組み(屋根部分)の施工が始まりました。写真ではちょうどタルキを流しているところですが、これが終わると、屋根断熱、屋根銅縁、野地板(合板)へと進んでいきます。

下の写真はフォームテープといって弊社の秘密兵器です。

これは所長の指示のもと、いままでの経験で気密のとりにくい箇所を事前につぶす為のテープです。このような細かい作業をやっておくRimg0047ことが大切なのです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »