« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008.11.24

K様邸-竣工写真

先日、K様邸の全ての工事が完了し、竣工をむかえました。

時間があまりなく、多くの写真は撮れなかったのですが、竣工写真をどうぞ!!

R0010119_2

R0010120_2R0010125_2

R0010113R0010117_2

また、現場が始まり次第どんどんアップしていきますので、それまで少々お待ちを!!

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.22

K様邸-リフォーム工事完了

R0010117_2 リビング壁の施工も完了し、後は見切り材を取り付けるだけとなりました。

壁の施工が終わるとすぐに電気やがAC等を取り付けました。

大工さんによる作業は建具の取付を残すのみとなりました。

R0010121 写真は新規の建具です。

既存の枠を利用して取り付けています。

その為、新たに金物部分の彫り込みをしなくてはなりません。とても技術の必要とする箇所です。

これで、今回のリフォームの作業全てが完了となります。

次回、竣工写真をお見せします。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.20

K様邸-同時進行

R0010111_2 大分、廊下の桧フロアが張られました。

既存の玄関框は写真でおわかりのようにとても立派な框です。そこで新規の框を付けるのではなく、床の見切り材を入れて納めることにしました。

床見切り材は大工さんが作業場で加工してくれました。

前回お話したのですが、今回のフロア張りの作業では、大分時間が掛かってしまいました。しかし、写真のような長手方向に入ると一気にスピードアップです。驚くほどあっという間です。

R0010092 そして、リビングのほうはというと、天井の施工が終わり、壁の施工に取り掛かっています。

壁の仕上げ材には、天井と同じ北欧パインを仕上げ材としています。

やはりリビングは大きい部屋なので、天井と壁にパイン材をひたすら張るといった感じです。

大工さんは、毎日のように脚立を上り下りと大変です。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.18

K様邸-トイレ完了

R0010078_3 前回の続きです。

壁を造作で造った後に、仕上げ材を張っていきます。今回の壁仕上げ材は北欧パインです。

ちなみにフロア材は桧を使用しています。

写真でもわかるように木をたくさん使った暖かみののある感じに仕上がりました。

この後、設備やさんにトイレとアクセサリーを接続して頂き、大工さんに建具を取付けてもらい完了です。後日写真をお見せします。

R0010057R0010065  大工さん達はトイレが完了すると、次はリビングと廊下に分かれての作業となりました。

まずはリビングの天井の施工です。

既存の天井仕上げの上から重ね張りとし、北欧パインで仕上げました。

R0010095 同時進行で、廊下のフロア張りです。

仕上げ材は桧フロアでこれも重ね張りとし、仕上げています。

写真の床に開いている開口はこの後、床下点検口が取付られます。

ここで一つ、今回のような重ね張りで、既存の巾木や廻り縁にぶつけて張る場合、古い建物で少し建物全体が歪んでいると、一見上から張っているので簡単そうに見えますが、巾木とフロア材の間に隙間が出来てしまいます。フロア材はまっすぐですから、一つの角がぶつかっているのにもう一つの角はぶつかっていないという感じです。

その為、フロア材を建物に合わせて張らなくてはならないのです。端部は一枚一枚に加工をしなくてはならないので、時間がかかります。

少し長くなってしまった。では、また次回。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.15

K様邸-トイレ解体

R0010049 初日の最初の作業は、既存トイレの解体作業です。

その後、天井までの塗り壁を壊し、解体は完了です。トイレの裏側には和室があり、こちらも真壁で塗り壁なので、解体の際は、十分な注意を払いながら行いました。

解体が終わると、水道やさんが排水及び給水の接続を行います。

その間、大工さんは居間の天井に北欧パインを施工し、電気やさんは、新規の配線やAC等の取外しを行っています。R0010060_2

解体が終わると、大工さんによるトイレのほうでの作業が始まるます。

まずは、既存の建具枠(下枠)との段差を解消することを頭に入れて床を組みます。

写真のように組まれ、この横に架かっている根太と呼ばれるものに構造用合板を貼り、その上からフロア材を施工します。

R0010074 壁解体をするのは、このように造作材を入れ、その造作材に壁の仕上げ材を留める為です。

今回は、紙巻器と手摺りカウンターが一緒になっているものを取り付ける為、仕上げ材を張る前に取付位置に下地材を入れています。(真ん中辺りの木材です。)

奥に見えているのが今回の壁の仕上げ材北欧パインです。

このようにトイレのリフォーム工事が進められています。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.13

K様邸-改装前

前回のブログの最後にお話させて頂いたのですが、今週の月曜日から豊住のK様邸でリフォーム工事が始まりました。

豊住と聞くと少し前まで新築工事をしていたところです。今回のお施主様は、近所ということでその現場を見てくれていて、会社の名前を覚えてくれていたのです。うれしいかぎりです。

今回のリフォーム工事の内容は、トイレの改装、廊下のフロア貼り、LDKの天井・壁材張りです。

R0010016_5

R0010015 既存のトイレです。

R0010034_2R0010037_3 既存の廊下です。

R0010042_3 R0010041_4

既存のLDK天井・壁

今回は、工事前の写真を見てもらいましたが、どのようになっていくのか次回からお話していきますね!! お楽しみに!!

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.10

N様邸-竣工

先日のブログでお話したように、最終日に内装やさんが入りました。

Rimg0117_2 壁の色が明るい色なので、クロスも明るい色を選び作業に掛かりました。

台所の天井クロスが終わると、台所と間仕切りのないリビングのほうが古くみえてしまうというお施主様の一言で急遽、リビング天井のクロス貼りが追加となりました。

内装やさんと話をし、なるべく早い段階で作業をしてもらうこととなりました。

Rimg0123 そして、今まで話に出てきていないのですが、お施主様とお話していた際、結露の話題となったのです。

そこで、今回の工事と一緒にインナーサッシの取付作業をやることが決まりました。

サッシは全部で四ヶ所で作業時間的には1~2時間程で終わってしまいます。

そして、全ての工事が完了となりました。

最後に、竣工写真をどうぞ!!

Rimg0122 他のアングルからの写真もあったのですが、別のカメラで撮った為、画像の容量が大きく載せられませんでした。

すみません...

そして今回のリフォーム工事に続いて、新たにリフォーム工事が決まりました。

着工は11/10(月)  そうです。今日からです。

また、バタバタと忙しくなってしまい、このブログもちゃんと更新できるか不安ですが、とりあえず工事のほうを優先ということで、頑張ってきます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.08

N様邸-キッチン施工

四日目、朝一番でキッチンが納入され、早速キッチンの施工が始まりました。

Rimg0092Rimg0101まず、レンジフードや吊戸棚といった上部が取付られ、上部が終わるとキッチン本体の取付となります。

その後、食洗機やIHヒーター等が接続され、キッチン天端取付、給排水の接続となります。

Rimg0097

Rimg0098その間、大工さん達はいうと、既存の引き戸があった場所(キッチン裏)に北欧パインで壁の施工をしたり、廊下部分のフロア貼りを行っています。

キッチン本体の施工が終了すると、廻り縁や巾木の施工に取り掛かりました。

Rimg0110 そして、最後にキッチン廻りのシーリング作業です。

殆んど工事のほうは、完了なのですが、次の日に台所部分の天井を急遽クロス仕上ということで、次の日に内装やさんが入ります。

竣工写真は、次回のブログで...

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.06

N様邸-壁材造作

Rimg0081_3 写真は、二日目終了時の風景です。

外周部(出窓のある面)全体には、グラスウールを施工しその上に下地用合板が貼ってあります。

既存キッチンを解体した際、天井はペンキで仕上がっていたのですが、吊戸棚部分には塗られていなかった為、台所天井全体にラワンベニヤを貼る施工をしました。

Rimg0088 三日目は、昨日の続きである壁の下地を組む所からのスタートです。

写真は、壁の仕上げ材で化粧合板が貼り終わったところです。写真では見えづらいかもしれませんが、化粧合板の所々に緑色の点があると思います。これは、カリ釘といって後からはずします。釘等を打ち付けてしまうとその釘頭が目立ってしまうので、この方法にしています。

Rimg0087 三日目の最後は、キッチンパネルの施工です。

造作を担当している大工さんは、よくキッチン施工もしているので、キッチンパネルを貼るのも完璧です。

そして、次の日はとうとうキッチンが納入され、取付作業となります。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.04

N様邸-壁の施工

Rimg0063 写真は一日目の終盤で、台所部分のフロアが貼り終わるところです。既存のフロアとの端部は床見切り材を入れ、納めます。

リビング側と台所側の木目が違うのにお気づきでしょうか?

これは、床を支えている根太方向の関係で違います。

木目をそろえることも出来るのですが、しっかりフロア材が根太にとまっている方が安心です。

Rimg0066 二日目は、床下収納庫の取付作業からスタートしました。

前日に設備業者さん達は、床下に潜り配管等を完了させています。

Rimg0077 次の作業は、壁の下地造りです。

引戸があったところは、写真でおわかりのように、壁にしてキッチンの向きも変わります。既存のキッチンより新しく入るキッチンが大きい理由からです。

手前にある小さな壁は、キッチンが柱より出てきてしまう為、造作をしています。部屋のワンポイントとなって、おしゃれな感じがしませんか!?

写真の奥のほうには、グラスウールが施工されています。

台所部分を一部改装ということで、建物全てにいれることはできません。そこで、今回は台所の外周部にのみ、グラスウールを施工となりました。

二日目はここで終了です。日が短くなったせいか、夕方には真っ暗になってしまいます。

三日目は、壁下地の続きからの作業となります。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.01

N様邸-キッチン解体

今週からN様邸の改築工事がスタートしたのですが、バタバタしてしまい、大分更新がおくれました。 すみません。

Rimg0040_2 まずは、キッチン解体とフロアの剥がしの作業からのスタートです。

解体に伴って、電気・水道・ガス等を止めますので、設備関係の業者さんがキッチンでの作業をしている間、大工さんは、フロアの剥がし作業に取り掛かっています。

Rimg0059 写真は台所部分の解体が全て完了した状態です。

解体が終わるとすぐに大工さんはフロア貼りに取り掛かります。

一日目は、解体およびフロア貼りで終了です。

計5日の工事となりましたので、少しずつブログでお話していきたいと思います。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »