« K様邸-改装前 | トップページ | K様邸-トイレ完了 »

2008.11.15

K様邸-トイレ解体

R0010049 初日の最初の作業は、既存トイレの解体作業です。

その後、天井までの塗り壁を壊し、解体は完了です。トイレの裏側には和室があり、こちらも真壁で塗り壁なので、解体の際は、十分な注意を払いながら行いました。

解体が終わると、水道やさんが排水及び給水の接続を行います。

その間、大工さんは居間の天井に北欧パインを施工し、電気やさんは、新規の配線やAC等の取外しを行っています。R0010060_2

解体が終わると、大工さんによるトイレのほうでの作業が始まるます。

まずは、既存の建具枠(下枠)との段差を解消することを頭に入れて床を組みます。

写真のように組まれ、この横に架かっている根太と呼ばれるものに構造用合板を貼り、その上からフロア材を施工します。

R0010074 壁解体をするのは、このように造作材を入れ、その造作材に壁の仕上げ材を留める為です。

今回は、紙巻器と手摺りカウンターが一緒になっているものを取り付ける為、仕上げ材を張る前に取付位置に下地材を入れています。(真ん中辺りの木材です。)

奥に見えているのが今回の壁の仕上げ材北欧パインです。

このようにトイレのリフォーム工事が進められています。

|

« K様邸-改装前 | トップページ | K様邸-トイレ完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K様邸-トイレ解体:

« K様邸-改装前 | トップページ | K様邸-トイレ完了 »