« Vol.9 第8週目 松戸市小金清志町の家 電気打ち合わせ&仕様最終決定 | トップページ | Vol.11 第10週目 松戸市小金清志町の家 “トステム感謝祭と設計の裏側” »

2009.03.04

Vol.10 第9週目 松戸市小金清志町の家 仕様確認と展開図による配置確認

仕様書とは、お施主様に決めて頂いた使用する全ての部材や仕様、仕上げ方法などをまとめた表です。

そこには、“どこの場所に” “どこのメーカーの” “どの品番で” “どんな色なのか”などが細かく記してあります。今回は、この表を本に仕様の再確認をして頂きました。

又、展開図とは、部屋ごとに分けて描いた立面図で、設備や建材などがどのように配置されているかが記されている図面です。

自分がその部屋の真ん中に立った気持ちになって東西南北を一面づつ見渡した時に、どのような状態なのかがわかるようになっています。

設備や建材はメーカーのCADデータを流用して描いているので、お施主様が選んだものズバリが描かれていてリアルに感じることができると思います。

又、平面図では解りにくい部分、例えば、勾配天井の高さや棚の位置、手摺りやタオル掛けなど、ありとあらゆるものが立面的に書かれているので、おそらく平面図で漠然としていた部屋の状態が、より理解していただけたと思います。

今回、お施主様は、この展開図をご覧になって勾配天井の高さが高いことに驚かれていました。又、固定棚の高さを再確認し、一部変更となりました。

この図面は、確認申請などには添付するものではないので、作成しない住宅メーカーやビルダーさんも多いと思いますが、この図面がないと家ができた時、「このようにお願いしたはずなのにイメージと違う」などとお施主様との行き違いが生じる原因になります。

又、職人さんとも行き違いを起こしてしまいますので、とても大切な施工図面となります。

ですから、私達は、この図面は出来る限り慎重に細かく表記しています。

次回は柏市にあるメーカーの感謝祭があるので、遊びに行きがてら、選んだものを再確認していただきます。

| |

« Vol.9 第8週目 松戸市小金清志町の家 電気打ち合わせ&仕様最終決定 | トップページ | Vol.11 第10週目 松戸市小金清志町の家 “トステム感謝祭と設計の裏側” »

コメント

この展開図、普通は、作っているのかも知らないでしょう。
見たことすらないでしょう。社長さんの、施主への思いがつたわります。

投稿: イシマツ | 2009.03.04 08:49

建売住宅を買うのではなく、注文住宅ですから、当然なのですが、間取りだけが自由になるのが、注文住宅と勘違いしている業者さんも多いですね。
お施主様には、一生に一度であろう家を建てるということの醍醐味を十二分に感じて頂きたいと思っています。

投稿: 中西 | 2009.03.06 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vol.10 第9週目 松戸市小金清志町の家 仕様確認と展開図による配置確認:

« Vol.9 第8週目 松戸市小金清志町の家 電気打ち合わせ&仕様最終決定 | トップページ | Vol.11 第10週目 松戸市小金清志町の家 “トステム感謝祭と設計の裏側” »