« 基礎の立ち上がり部 打設 | トップページ | 給排水 外部配管 »

2009.04.30

型枠解体

前回の日誌から少し間が開きましたが、無事に養生期間もとる事ができ、今日は朝から型枠の解体からのスタートです。

型枠を解体するときは、とてもドキドキです。基礎がちゃんとできてるかは型枠を解体するときまでわかりませんので... 

型枠をとってみると無事にきれいな基礎が出来上がっていたので、ひと安心です。

外側の型枠も解体し終わると、基礎断熱ボードの繋ぎ目のところにテープを貼っていきます。これは、気密や断熱、そして仕上げのモルタルを塗ったときに、繋ぎ目のようなが箇所があるとそこからヒビなどの原因になってしまうので、色々な意味でもしっかりと貼っておかなくてはなりません。

R0010678R0010685

R0010689 型枠の解体が終わると今度は、水道やさんの外部配管がスタートします。

事前に水道やさんと連絡をとっていたので、段取りはバッチリです。

| |

« 基礎の立ち上がり部 打設 | トップページ | 給排水 外部配管 »

コメント

今週は天気がいいですね。さて、基礎などのコンクリートのことですが、硬さは数値であらわせるのですか?最低どのくらいの強さがあれば検査に合格できるとかあるのでしょうか?

投稿: イシマツ | 2009.04.30 23:35

コメントありがとうございます。

硬さ(呼び強度)は、N:ニュートン(数値)で表すことができます。

弊社が登録している保証検査機構のマニュアルでは、強度を18N以上にして下さいとなっています。

弊社の仕様では、その2段階上の24Nを耐圧盤及び立ち上がり部分に打ち込んでいます。

現在の住宅メーカーなどの仕様はわかりませんが、上司が昔、住宅メーカーの設計で働いていたころは、21Nだったそうです。

投稿: staff Y | 2009.05.01 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 型枠解体:

« 基礎の立ち上がり部 打設 | トップページ | 給排水 外部配管 »