« 地盤調査 | トップページ | Vol.14 第13週目 松戸市小金清志町の家 “契約” »

2009.04.01

Vol.13 第12週目 松戸市小金清志町の家 “見積もり出し”

全てのものが決まり、工事業者さんや仕入れ業者さんからの見積もりも上がってきたので、お施主様に、やっと正式な見積もりを出す事が出来ました。

今回は、設計に入る前にお出しした概算見積もりと大幅に狂ってしまったところがありました。

それは、地盤に関する費用です。

松戸市という地域は、地盤があまり良くない場所が多く、地盤改良を必要とするところが殆どですが、松戸市小金清志町の家は、さらに地盤が悪く杭を打たなくてはならないことが判明しました。

私達としては、もともと畑だった土地を長い間駐車場として使っていたということで、地盤改良(柱頭改良)で済むと考えていましたが、甘かったです。

それが、判明したのは、見積もり出しの3日前です。

直前になってしまったのは、お施主様は、造成途中の土地を購入したため、造成が終わらず、地盤調査が中々出来なかった為です。

判明直後、お施主様にはお詫びとともに状況の説明と地盤に掛かる費用を、すぐに連絡しました。

概算見積もりの差額に対して、私達としても最大限の譲歩をさせて頂き、それでも足りない分は、カーテンと外構の予算取りの部分で、金額を抑えた計画にすることでご了承いただきました。

お施主様がご理解を示してくださった事に感謝です。

《一言メモ》

平成12年に改正された建築基準法(告示第1347号・第1113号)地盤調査の必要性が定められています。

地盤は土地を購入するときに調査するものではなく、住宅を建築するときに調査するものです。

ですから、土地を購入した時点では、その土地の地盤は過去や近隣の状況からしか判断できません。

住宅の場合、スウェーデン式サウンディング調査方法が一般的で、弊社では、建物の四隅と中心の計5箇所のポイントで地耐力を調べ判断しますので、建物の形や位置などが正確に決まらないと調査できません。

次回は、契約~外構打ち合わせになります。

| |

« 地盤調査 | トップページ | Vol.14 第13週目 松戸市小金清志町の家 “契約” »

コメント

地盤の改良はきちんとやったほうがいいですよね。後々傾いても困りますし。しかし、造成やってる業者さんにもわからないものですかね~、地盤が悪いこと。

投稿: イシマツ | 2009.04.01 22:45

改良で済むか、杭を打つかまでは予想していたかはわかりませんがある程度は予想していたと思います。

投稿: nakanishi | 2009.04.03 10:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vol.13 第12週目 松戸市小金清志町の家 “見積もり出し”:

« 地盤調査 | トップページ | Vol.14 第13週目 松戸市小金清志町の家 “契約” »