« Vol.1  スケルトンリフォームの設計が始まっていました 「松戸市幸谷の家」 | トップページ | 「松戸市小金清志町の家」 フレーミング工事2階床 »

2009.05.14

バルーン壁

本日も順調にフレーミング工事が進んでいます。

ちなみにフレーミングとは在来工法でいう建て方のことを言い、フレーミング工事を行なう大工さんをフレーマーと言います。

フレーマーは(frame = フレーム)を組み立てる大工さんと言うことでこう呼ばれているそうです。

さっそく、今日の進行状況です。

R0010780R0010781

R0010776 左の写真は、バルーン壁と呼ばれるもので、吹抜けなどの壁に使われます。

吹抜け部分は2階の床がないので、外力(風力)の力などに関して弱くなってしまうので、1Fと2Fの壁を1枚で造ってしまうのです。後日、2F床部分に耐風梁という集成材を入れて造ります。

こんな大きい壁を人の手で起こすわけですから、フレーマーさんはすごいです。

普通の外壁で、何度か壁起こしを手伝わせてもらったことがあるのですが、かなり重いんです。

バルーン壁なんてどれだけ重いのか... さすがです!!

| |

« Vol.1  スケルトンリフォームの設計が始まっていました 「松戸市幸谷の家」 | トップページ | 「松戸市小金清志町の家」 フレーミング工事2階床 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルーン壁:

« Vol.1  スケルトンリフォームの設計が始まっていました 「松戸市幸谷の家」 | トップページ | 「松戸市小金清志町の家」 フレーミング工事2階床 »