« 松戸市小金清志町の家 フレーミング工事 樹脂サッシ | トップページ | Vol.5 住宅設備機器選び スケルトンリフォーム 松戸市幸谷の家  »

2009.05.30

Vol.4  スケルトンリフォーム 松戸市幸谷の家 Plan出し

一番のお施主様の願いである1階について全面リフォームをして日当りの向上と結露対策と住み心地の良さの追求”を実現するために・・・

私は、住み心地の良さには2つの考えがあると思います。

一つは住宅の性能を高めて、温熱環境を快適にして暮らすことと、

もう一つは、間取りや収納、設備面での使いやすさとデザイン性を高めることだと思います。

今回のお施主様はその両方ともご希望されているので、1階のリフォーム部分に於いては、新築同様のレベルまで断熱と気密を高めて設計、施工をすることを提案しました。

現状の充填断熱を外張り断熱に変更して、現在のサッシは全て取り外し、樹脂製の遮熱高断熱複層ガラスに替えます。

現状の床下換気口も潰し、基礎も断熱をしますので、コンクリートが蓄熱帯となり底冷えすることもなくなります。

又、基礎断熱は床下も室内と同じ環境になるので、シロアリ駆除は必要なくなります。

1階面積17.40坪(34.8畳)を小さな熱源、夏はエアコン2.8kw(8畳~12畳)のもの、冬は蓄熱暖房機(14畳~26畳)のもで、冷暖房します。

蓄熱暖房機は床下(防湿コンクリート上)に一畳分の開口を開けた所に直接置き、床下グリルを各所に配置し床下から暖めた空気が部屋へ上がるように設計しました。

1階は大幅な間取り変更をして、気密・断熱が良いので間仕切り壁の無いワンフロアの大きな空間を提案、気にしていた収納も現在の3倍以上になります。

2階は、外壁をいじったり、間取り変更はしませんが、遮熱高断熱複層ガラスのインナーサッシを窓の内側に取り付けるので、冬場、2階に上がると“ぶるっと震えて寒い”といったことはなくなると思います。

換気に於いても新築と同様のダクト式の第三種機械換気を使い、冷暖房で冷やしたり、暖めたりした熱をトイレや洗面所など部屋の隅々まで行き渡らせます。

換気は空気をきれいにするという役目だけでなく、弊社の住宅では、熱を隅々に行き渡せる為には欠かせないものです。

これで、夏暑く、冬寒いといった温度による不快感は解決できると思います。

もちろん、私達の手がける住宅は結露しないので、結露による不快感も解消できます。

ついで日当りですが、立地が、北側ひな壇のために南側に1.65mの擁壁があり、その上に2階建ての住宅が建っているため、殆ど日が当たりません。

そこで、張り出しバルコニーを撤去し、一部増築して、そこにトップライトを設置し、上から光りを入れることを提案しました。

これで、日当りが今より良くなり、昼間でも電気を点けなくては暮らせなかったリビングが明るくなります。

又、風通しは南と北に窓を付け風が抜けるように設計しました。

収納に於いては、ウォークインクロゼットを3.75畳取り、収納の充実を図ることと、リビングにTV置き場兼壁面収納を兼ねた約2.7mの壁を確保したので、収納量は大幅にUPします。

収納計画については後日お話しますね。

さ~て趣味の部分、自転車の置き場ですが、玄関前を若干広く取り、壁にパイン材を貼り、フックを掛け上下二段で吊るし、収納も兼ねて、インテリアとして飾る事を提案しました。

ご主人の書斎コーナーは二畳に満たないスペースですが、部屋として確保しました。

この部屋は階段下も使えるように作りますので本や雑誌の収納に役立つと思います。

1階廊下は全く作らないので、オープンな空間ですが、トイレと階段の前だけは、目隠しを兼ねた壁を作り、そこに、ご主人が飾りたいと打ち合わせにもってきてくださった大きなポスターを飾ることを提案しました。

部屋のイメージですが、今回は、壁に一部パイン材を使いますので、ドアもパインの無垢材で統一する提案をしました。

お施主様はプランを大変気に入ってくださりましたので、詳細部分の設計に入ります。

次回は、住宅設備選びになります。

本日(5/30)と明日(5/31)は「小金清志町の家」にて

『地震に強い構造と理想の断熱・外断熱』の勉強見学会を開催しています。

お近くの方は是非お越しください。無料でオリジナル資料を差し上げます。

場所などの詳細は、HP内イベントページにてチラシを添付しています。

|

« 松戸市小金清志町の家 フレーミング工事 樹脂サッシ | トップページ | Vol.5 住宅設備機器選び スケルトンリフォーム 松戸市幸谷の家  »

コメント

こんばんは。施主の方もリフォーム後の家が楽しみでしょう。これだけの機能の良い家に生まれ変わるのだから、リフォームを考えてる人は、減税を利用できる今がチャンスかもしれませんね。若い世代の方は、中古を買ってリフォームってのもありですかね?

投稿: イシマツ | 2009.05.30 23:57

イシマツさん、こんばんは。

イシマツさんの言うとおり、お施主様は出きる前から非常に楽しみにしてくださっています。

当初、奥様から「お前に任せるよ」といってリフォームに積極的ではなかったご主人様が、毎回打ち合わせに参加され「宮崎さんとは感性が合うんですよ」とすべての提案に同意してくださいました。

うれしい限りなんです。

そして、色々な減税は時限立法なだけにチャンスだと思います。

イシマツさんの言うとおり、中古住宅を安全・快適空間に変えるリノベーションも全然ありだと思います。

色々な手立てが出きる有利な減税ですから広く認知してもらい利用してほしいですね。

投稿: 中西 | 2009.05.31 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vol.4  スケルトンリフォーム 松戸市幸谷の家 Plan出し:

« 松戸市小金清志町の家 フレーミング工事 樹脂サッシ | トップページ | Vol.5 住宅設備機器選び スケルトンリフォーム 松戸市幸谷の家  »