« 「松戸市幸谷の家」 リノベーション工事のポイント その1 | トップページ | 浴室リフォーム S様邸  その1 »

2009.09.17

「松戸市幸谷の家」リノベーション工事のポイント その2

さて、今回はプランニング編です。

“抜ける柱”“抜く事の出来ない柱”が確定したら、耐震を考えながらのプランニングをしてゆきます。

お施主様の要望、「明るさ」「収納」「快適性」そして「ロードバイク」。

まず立地条件を考え“どこから明かり(太陽光)”が入るのか?をチェック。

その位置は最低でも窓が欲しいですものね。しかし、窓というのは大きければ明かりが沢山入るとは限りません。

つまり、適所というのがあります。

今回の住宅は廻りを他の住宅に囲まれ、条件は決して良いとはいえず、お施主様のお話を伺ったところ「東南の角だけは日差しがある」という事でした。

しかし、私の設計する住宅では “耐震上の理由”から 四つ角は必ず壁にするのが基本。

ましてや、既存の住宅にあるようなコーナー出窓なんてもってのほか。

でも、私の考えではこの場所はキッチンにする予定。

そこで東南角から東側に900mm壁を作り、そこから幅750mm×600mmの窓を天井近くに配しました。

実は、この天井近くというのがみそ!

東側という事は、朝から昼近くまでの日差しです。ましてや昼近くには日差しが切れてしまう立地条件だったので、出来るだけ壁の上部、天井付近から朝方の光を家内に入れ、その後は下屋(張り出した1階の屋根)から天窓(トップライト)で採光しようと考えた訳です。

普通に腰窓をつけても採光量は十分に取れず、かえってプラン上、窓が邪魔になるという事もあります・・・・。

その他のリビングやダイニングでは、適材適所で窓を入れます。

これで明るさはクリア。

次に収納。

既存の家では、1階中ほどの和室内の押し入れ(間口4.5尺)しか無く、室内に物があふれていました。

総合的に考えるとストックだけで3畳程度は欲しい・・・・。

そこで動線と収納物を考え、リビングから直接入れるクロゼット(ウォークイン)をキッチンの隣に配することとしました。

その他収納は、ご主人のスタディルームを階段横に併設し、階段下を開放して階段の勾配が気になるも約1畳のスペースを確保。これでご主人のホビーの収納は確保できました。

またウォッシュルーム(洗面所)でも収納出来る可動棚を設置して生活用品や着替えなどの衣類収納も効率的に出来るようになりました。

これだけで収納面積は、以前の7倍にもなります。

続いて、懸案のロードバイクの収納ですが・・・・・・・・・・・長くなったので次回に続きます。

*簡単な改修前(既存)と改修後のプランはコチラをクリックしてください。

「耐震・省エネリフォーム」ページの事例2です。

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.com

info@m-a-sekkei.com

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

-----------------------------------------------

|

« 「松戸市幸谷の家」 リノベーション工事のポイント その1 | トップページ | 浴室リフォーム S様邸  その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「松戸市幸谷の家」リノベーション工事のポイント その2:

« 「松戸市幸谷の家」 リノベーション工事のポイント その1 | トップページ | 浴室リフォーム S様邸  その1 »