« フレーミング工事 スタート (高柳の家) | トップページ | 地盤調査 (茨城県阿見町の家) »

2010.05.10

フレーミング工事 その2 (高柳の家)

前回のブログでは、1階の床までが完了していました。

そして、先週末には1階の壁の作業が行なわれました。

R0013050

R0013051_3

R0013053

R0013061_2

上記の写真が、枠組壁工法(2×4工法)の壁造りとなります。

まず、上の2枚の写真のように、1階の床を作業としてスタッドと言われる2×4材(2インチ×4インチの断面の木材)を図面通り並べて壁の形を造っていき、専用の釘で止めていきます。

壁が出来ると今度はその上から、構造用合板を貼って行き、開口部の部分を切り取ります。

弊社では、ノボパンという名前の構造用合板で、壁倍率が4.7倍もとれる材料です。一般的な構造用合板は2.0~2.5倍の壁倍率しかとれないので、断然ノボパンのほうが強い壁ということです。

そして左下の写真が、その出来上がった壁を起こしている写真です。

本日は、2階の床まで完了しました。

R0013079R0013094

次の工程は2階の壁造りとなります。

2階も1階の壁と同じ作業方法で造っていくのですが、バルーン壁言われる大きな壁があるので、そのお話は次回で紹介していきます。

| |

« フレーミング工事 スタート (高柳の家) | トップページ | 地盤調査 (茨城県阿見町の家) »

コメント

なかなかコメントせず、すみません☆
どんどん家っぽくなってきて、Yさんのここから早いですよ~に納得です。知人や親戚が近くを通っては、進行に驚いています。

 義両親が、Yさんや職人さん方の働きぶりに感心していました。(特に基礎のとき、Yさんが一人水汲みをされてたのに驚いたようです)最初は大手HMがいいんじゃやないかとやんわり反対されていましたが、ここはきちんとしているなと言っていただきましたよ☆
 でも、施主も写真をきちんと撮りに行きなさい。と言われてますが。(写真これだけ撮ってもらえればいいかなと...。)
 これからもよろしくお願いします

投稿: ゆずたん | 2010.05.11 22:25

おはようございます。

現在工程は予定通りに進んでいます。
22日には工程表の通り、上棟(在来工法でいう)になりますよ。屋根の形も見えてくるので、いっそう現実味が帯びてくるでしょう。

写真についてはUPしている写真はほんの一部で、掲載している写真の数倍ありますので、ご安心を。

水汲みなどの雑用についても横山が真剣に対処しています。雨の後は結構大変な思いをしているようですが、私から見ても「良くやっている」と感心しているくらいです。

今後も楽しみにしていてくださいね。

投稿: miyazaki | 2010.05.12 09:40

コメントありがとうございます。

基礎の水出しに関しては汲み取る機械の故障で、ひたすらバケツでの水出しになったので、頑張ってるように見えたのではないでしょうか...

写真のほうは、miyazakiのいう通り必要以上に撮っているつもりですが、せっかくの家造りなので、思い出作りの意味でも、自分達で撮るのもおもしろいのではと思います。

投稿: staff Y | 2010.05.12 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレーミング工事 その2 (高柳の家):

« フレーミング工事 スタート (高柳の家) | トップページ | 地盤調査 (茨城県阿見町の家) »