« 「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」基礎工事3 | トップページ | 「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」基礎工事5 »

2015.12.02

「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」基礎工事4

瑕疵担保責任保険の配筋検査はいつものように

合格し、翌日の朝からベタ基礎の最も重要な耐圧板の

コンクリートを打ちました。

コンクリートには、設計強度や呼び強度といった強度があります。

もちろん強度が強ければ強いほどいいのですが、金額やお施工性の

問題も同時にあるので、基準設計でどのくらいの強度が最低必要

なのか?という質問に対する答えが、呼び強度になるのです。

ちなみに弊社では他社よりも少し強度を高くしています。

R0015546
R0015548

養生期間を経て、立ち上がり基礎の枠を建てて

またコンクリートを流し込むという工程になります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

|

« 「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」基礎工事3 | トップページ | 「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」基礎工事5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」基礎工事4:

« 「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」基礎工事3 | トップページ | 「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」基礎工事5 »