« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015.12.22

「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」フレーミング工事2

今年も残り10日となりました。

工事の事もあり少し、せわしさを感じますが仕事は残り

数日。頑張って乗り切りましょう!

フレーミング工事は2階床~2階壁~

天井根太~小屋裏へと進んでいきます。

1448680981298


1449138263596

2階の床の完了です。

R0015637

2階壁も完成。

R0015632

R0015652

2階壁が終わり、天井根太~小屋組の施工がはじまりました。

ここまでおよそ10日。あと少しで構造体が組上がります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.19

「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」フレーミング工事1

今年もあと10日あまり。

毎年毎年「1年が早いな~」と言っている自分がここにいます。

早いと感じるのは’充実した日々を送っているから’・・ではなく、

毎日多くな変化がなく日々を送っているからなのだそうです。

確かに朝起きて、仕事して、夜帰って、寝て。。。。確かに変化もなく

刺激もないような。。。。。。。

若い頃とは違うから仕方ないのですが、来年は何か変化が欲しいな~、

と思っています。

さて工事は構造組み立て(フレーミング)に入りました。

R00156031448095966566

毎度同じ工程ですが、基礎上の土台シートは’防蟻シート(白アリ)’、

防蟻処理が施された土台、撥水処理された厚床合板で

R0015611

1階の床が構成されます。

続いて1階の壁に入ります。1階の壁は床の上で組み立て

起こす事で壁を構成します。

1448680973742_1

こうして1階全ての壁を作成し、2階の床に取り掛かります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.11

「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」フレーミングの前段階

今日は大雨から突然の太陽。

湿度が高く、弊社が入るビルでは床や窓は結露でビッショリ!!

トイレが廊下にあるのですが、床が濡れているので滑らないように

慎重にトイレに行きました。

では本題に。

R0015589

基礎工事が終われば、フレーミング(構造体組立)です。

その前に床下の配管や狭い部分の給排水の配管が先行工事で

行われました。

R0015594


地震に強く、大きな部屋などが作れるツーバイフォー工法(2×4)

ですが、あえて欠点を示すとなると私は1Fの床合板を最初に張って

しまう事だと思っています。

これにより心配なのは’雨’です。

基礎内に雨が溜まるのは非常によくない事で、梅雨時では

放置すれば床合板にカビが発生し、床の体力や人間の健康面

に大きな被害が出ます。

弊社でもこの事を一番危惧しているので対策を施しています。

その一つでもあるのが、床張り前の基礎清掃。

水は乾燥させる事が出来ますが、泥や砂が乾燥すると清掃に

支障をきたしますし、困難です。

そこでブラシは雑巾を使って泥や砂を出来る限り除去しています。

R0015602

まあ、星の数ほど建築業者はありますが、基礎に雑巾がけしている

会社はほとんどないでしょうね。

次に足場を建てます。先行足場といいます。

R0015597

これでフレーミングまでの前段階は終了です。

いよいよ、フレーミング工事に入ります。

気が引き締まる思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.07

「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」基礎工事5

耐圧版のコンクリートの養生期間もあけて

立ち上がりの基礎を打つための仮枠を建てます。

R0015561

R0015562

アンカーボルトやホールダウン金物、人通穴など設計図書通りに

入っているのか?などをチェックの後、コンクリートの打設となります。

R0015567


R0015563

そしてさらに養生期間に入ります。

R0015582


基礎工事の最後のところではあまり天気に恵まれませんでしたが

職人さんたちの努力で、工程通りに進んでいます。

R0015589

一部を除き、建物部分の基礎が完成しましたので、

これから、フレーミングにはいります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.02

「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」基礎工事4

瑕疵担保責任保険の配筋検査はいつものように

合格し、翌日の朝からベタ基礎の最も重要な耐圧板の

コンクリートを打ちました。

コンクリートには、設計強度や呼び強度といった強度があります。

もちろん強度が強ければ強いほどいいのですが、金額やお施工性の

問題も同時にあるので、基準設計でどのくらいの強度が最低必要

なのか?という質問に対する答えが、呼び強度になるのです。

ちなみに弊社では他社よりも少し強度を高くしています。

R0015546
R0015548

養生期間を経て、立ち上がり基礎の枠を建てて

またコンクリートを流し込むという工程になります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »