« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016.01.30

「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」造作・外壁・屋根工事3

R0015731

外壁通気のための’樹脂胴縁’施工。

屋根はグラスファイバーのアスファルトシング葺き。
R0015701

太陽光パネルの設置も完了。

弊社では、太陽光パネルの架台は、構造タル木に止めることが

義務付けられています。これは雨漏り防止のためで、野地止めが基本と

なっているメーカーのパネルは使いません。こんな細かな施工にこだわっているのは

珍しいそうですが、それがお施主様の利益に繋がります。

雨漏りしてほしくはないですからね。

R0015679


R0015687


R0015703


内部ではシステムバスの施工や下地入れ、屋根の内側からのW断熱の

施工が進行しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.23

「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」造作・外壁・屋根工事2

R0015685

大工さんたちによる外張り断熱材の施工、そして

弊社標準仕様になっている’遮熱高断熱複層ガラス樹脂サッシ’の取り付けが

完了すると弊社ではおなじみの’気密測定’を行いました。

気密というと何となく理解出来ているような、出来ていないような。。。。

弊社ではそんなお施主様立会いの下測定を行います。

ここの住宅では1回目で0.44cm/㎡という数値が得られましたので

「これでおしまい」です。

最近では0.5cm/㎡を下回れば、それ以上隙間を探さないようにしています。

R0015674

断熱欠損を埋めながら、隙間をなくしていきます。

R0015724

またこの住宅では大きなポーチ屋根があります。

この屋根はご主人様の要望で、前面の駐車スペースに駐車後

雨に濡れず、乗り降りしたいというものです。

このポーチ屋根は本体構造とは離れています。

R0015689

屋根完成後は太陽光発電パネル設置も行われ、

本体の屋根工事は完了です。

屋根はシングル葺き(リッジウェイ)で製品30年保証品です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.12

「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」造作・外壁・屋根工事

フレーミング工事が終わり、保険の検査も何の指摘もなく合格。

次の工事に入る前に’上棟打ち合わせ’を行います。

R0015663


毎度毎度の事ですが、打ち合わせ時に承認頂いた

電気の位置を実際に確認していただき、変更があれば

この時点で移動します。電気は後からでは大変ですからね。

構造のお話もこの時にします。

確認が終わりここからは造作大工さんが入り、

外部では屋根工事と外壁工事が並行して行われます。

その前に外壁の外張り断熱の施工です。

アキレスQ1ボードの40mmでの施工。

R0015670
サッシも入ってきました。

R0015665


R0015678

同時に重要な気密施工も行います。

R0015676


屋根工事も順調です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.07

「つくばみらい市富士見ヶ丘の家」フレーミング工事3

明けましておめでとうございます。

年末年始は暖かく快適な休暇でしたね。

年末まで現場が動いていましたので完全休暇とはいきませんでしたが

それなりに休む事が出来ました。

さて現場はさらに順調に進み、フレーミング工事が終わり

造作大工さんによる外張り断熱施工やサッシ取り付けなどが

行われていますが、今回はフレーミングの最後までご紹介します。

R0015638
構造材の搬入です。

R0015693

天井根太や梁、小屋組です。

タル木の上には屋根の外張り断熱

アキレスQ1:50mm。黒く見えているのは通気胴縁です。

通常木材が使われるのですが、雨水の侵入などで腐食する事が考えられるので

弊社では樹脂製(鉄心)胴縁を標準採用しています。
1449396658878

R0015659
フレーミングが完了し、瑕疵担保責任保険の

2回目の検査も合格しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »