« 江戸川区鹿骨の家 始まる | トップページ | 「江戸川区鹿骨の家」基礎工事1 »

2016.05.13

「江戸川区鹿骨の家」地盤改良工事

工事が始まりました。

まずは基礎工事に先立ち、地盤改良工事が入ります。

この地域は地盤が良くない事で知られていますが、今回も事前の調査で支持地盤が出てこない状態でした。

そこで杭工事会社との協議で今回は特殊な’現場打ち杭’であるSSF-pile工法で行う事としました。

この工法は先端に特殊コーンを取り付けたケーシング(筒)を所定の深度まで回転・圧入し、そのケーシング内に軸部材(コンクリート)を打設後、ケーシングを引き抜く事により’小口径コンクリート柱状補強体’を築造し、基礎下部の地盤強度を改善し、補強する工法です。

R0015939
所定の深度までケーシングを回転挿入しています。

R0015941
ケーシングを引き抜き、軸部材を打設しました。

R0015946
杭頭です。

今回の住宅では総数30本が基礎下部に埋め込まれています。

R0015949

これで地盤改良工事は終わり、再度遣り方を張って基礎工事をはじめます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| |

« 江戸川区鹿骨の家 始まる | トップページ | 「江戸川区鹿骨の家」基礎工事1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「江戸川区鹿骨の家」地盤改良工事:

« 江戸川区鹿骨の家 始まる | トップページ | 「江戸川区鹿骨の家」基礎工事1 »