« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019.02.16

「さいたま市南区大谷口の家」建て方・造作工事2

構造組立と断熱工事が進み、瑕疵保険の躯体検査と

遅れて気密測定を行いました。
R0011137
躯体検査時
R0011117
屋根棟の断熱
R0011144
床組及び外周部の木材保護材(ホウ酸)施工
白蟻には有害で、人間には無害のエコボロンを
採用しています。
*農薬計は有害なので使いません。
気密測定を行っています。
今回の数値は0.39c㎡/㎡ですのでお約束の
数値以下ですし、仕上がってくれば0.3を
切る数値となるでしょう。
R0011174
こちらは、屋根の内側から充填している
高性能グラスウールです。
屋根もW断熱の標準仕様です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.06

「さいたま市南区大谷口の家」建て方・造作工事1

基礎そして難関の擁壁工事も終わり、息つく暇もなく

建て方が始まりました。
今回の構造は私にとって最も理想的なフレームは
在来金物工法、そして小屋組はツーバイフォー工法です。
金物工法は通常の木組みだは無く、柱と梁などの接合部が
ドリフトピンによる接合方法で、その他基礎と柱の緊結なども
特殊な留め方をし精度も要求されますが、強度はかなりのものです。
R0011085
土台を敷いてスタートです。
R0011109
敷地形状と高低差がある事で、通常のレッカーではなく
ピタゴラスというレッカーでの建て方です。
R0011100
金物に差していきます。
R0011091
大分組まれてきました。
R0011110
小屋組みのツーバーフォー材です。
すでにカット済ですので、並べてクギ打ちします。
R0011113
建て方は一日で完了し、屋根組も2日で完了。
屋根は断熱、通気胴縁、そして合板となります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »