リフォーム・補修

2016.09.23

柏市T様邸-完了

ず~っと雨です。

外回りの工事は終わり、内部のユニットバスの工事も終わり

こちらでの工事完了となりました。

(内ユニットバス写真はありません)

ほっとしたのもつかの間。

次物件の工事に入れません。

来週からは天候も良くなるようですので

天気に期待です!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.13

柏市T様邸

お盆明けから台風や低気圧によって夏らしい天候にも恵まれず

今では既に夏も終わり秋風がそよぐ中、早くも秋雨前線による

雨、雨、雨。気持ちも滅入ります。

さてそんな雨の間隙をぬって屋根工事が完了。

弊社で新築住宅で標準仕様としている

アスファルトシングル葺きです。商品は’リッジウェイ’。

軽く、施工性にも優れ、対候性がいいので30年保証品。

R0016102


R0016140


これで足場が外れます。よかった!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.06

柏市T様邸

本当に今年は台風が多い年。

天候がはっきりしない事が多く、工事工程が不安定です。

とはいえ晴れ間を見ながら進めます。

解体工事により屋根材をハガシ、既存の下地合板の上に

新しい野地板を張ります。

これは床板と同じように一部生きている部分を残すことで

少しですが強度が得られることとコストへの配慮です。

R0016088


R0016090


この後、防水シートを張って屋根やさんに

よって屋根材を施工します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.31

柏市T様邸

東北や北海道に大きな爪痕を残し、台風10号は去ってゆきました。

今日は台風一過ではありますが、風が強い!!

R0016082


R0016079

建築されてからすでに30数年。

この建物は当時一世を風靡した’ハウス55’です。

軽量鉄骨造ですが、屋根フレームは鉄骨。

合板の下地は木製。ですが施工レベルがあまり良いとは言えず・・・。

屋根はアスベストを含む石綿スレートですので、

規定通り丁寧にハガシ、専用処分場へ。

あとは天気に期待をして。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.18

柏市T様邸

お盆休みも終わりました。

楽しみだった休暇もあっという間に終了~~。

さあ、仕事再開です!

新築工事も完了。お引渡しを終え、現在はリフォーム工事です。

今回の工事は、下地からの屋根改修&浴室リフォームです。

R0016077

まずは、足場掛けです。

痛んだ屋根材をハガシ、水が廻っているので防水紙や

下地である合板も新しく張り替えることになりました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.27

【外構】流山市江戸川台の家での外構塀化粧

弊社では省エネ住宅の新築の他、通常のリフォームやエクステリア工事などもお引き受けしています。

今回の工事はエクステリア工事です。

既存のブロック塀に化粧材である’ジョリパット’を塗り、仕上げます。

既存ブロック塀は、モルタルが塗られている部分と既に古い吹き付け材で塗られている部分がありますが、共に下地処理を施して仕上げ材である’ジョリパット’の【校倉】という表現で仕上げます。

R0015971


色はお施主様に決めていただいた’墨黒色’です。

R0015973


和の雰囲気がUPしました。

このように建物だけでなく、エクステリアやインテリアなどの様々なご要望にお応えしますので、遠慮なくご連絡ください。経験豊富な建築士とコーディネーターであなたのご希望にお答えします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日もお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。

クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

弊社オフィシャルホームページ

http://www.m-a-sekkei.co.jp/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.08.09

「柏市加賀・事務所改修工事」 内装工事

耐震壁の施工で壁倍率を上げたことで、安心率も建物のバランスも良くなり、耐震改修の作業はこれで完了なのですが、もう一つ今回耐震改修で行なったのは小屋裏での補強です。

R0016564

一室が大きく、大きな梁をとばして組まれていたので、その大きな梁も火打ち金物を入れての補強です。

R0016554

R0016574_2

R0016576

外部では、外壁を再び既存に合わせて張り、内部では内装工事が行なわれました。

お仕事中の事務所スタッフ様方に仕事を中断して頂くなどの協力を頂き、天井及び既存壁の既存クロスを剥がし、新規のクロスを張る作業を行ないました。

これで、無事に耐震改修工事の完了です。

ざっくりとした説明でしたが、とても濃密な一週間の工事内容でした。

人気ブログランキング ← クリックをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.02

「柏市加賀・事務所耐震改修工事」 耐震壁

新規で躯体及び壁下地が組み終わると次の工程は内壁(耐震壁)の造作へ移ります。

R0016505

躯体である柱の上下にはしっかり金物を取り付け補強します。

R0016551

解体時に既存の古くなった断熱材を撤去し、壁が出来ると新たに断熱材をきれいに隣り合う断熱材が重なるように施工していきます。

R0016555

R0016559

上記の写真で張っているのは、耐震改修にもってこいの壁下地材(耐震壁材)です。

本来、壁倍率(壁の強さ)を上げるには、筋交いをいれたり、金物での補強、構造用合板などを使うのですが、その際天井や床も解体しなくてはならないこともあります。

しかしこの耐震壁材は指定された施工方法で施工すれば新築の石膏ボードを張る感覚で施工できて、壁倍率を上げることができます。

これで耐震壁の完了です。

人気ブログランキング ← クリックをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.26

「柏市加賀・事務所耐震改修工事」 壁下地

解体が完了すると、すぐに新規で柱を立てていきます。

R0016499

R0016506

R0016511

R0016531

新規で柱を立て、間柱を立て、壁の下地を組んでいきます。

その後、防湿シートを貼り、雨仕舞いを行ないます。

次回は内壁の造作へ取り掛かります。

人気ブログランキング ← クリックをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.12

阿見町 K様邸 インナーサッシ工事

昨年末に弊社HPより「現在の寒い家の省エネ改修について」の問い合わせを頂き、今年になってお話をして、とりあえず5箇所の内窓取り付け工事の施工を行いました。

住宅版エコポイントの兼ね合いもあり「第二次補正予算成立」を待つ事に・・・

そして、みなさんもご存じのように1/28に成立。

安全を見て2/6(土)に施工。

当ブログでも内窓(インナーサッシ)の取り付け方法や風景をご覧頂いているので、今回からの秘密兵器をご紹介しましょう。

実は昨年末にも弊社中西宅でインナーサッシの工事をしましたが、私の家(マンション)でも6年前に取り付けています。

最近になり、サッシの取り付け面と既存の窓枠には、取り付いた施工後にも目には見えない隙間がある事が分かりました。

弊社新築住宅でも同様な気密工事をしていますが、木と木が合わさった部位でも隙間が存在します。

これと同じでインナーサッシ取り付け面と既存の窓枠の間には隙間があり、冬の寒い日や風の強い日には若干ですが、冷気が室内に侵入しているのです。

R0012347_4

そこで今回の取り付け工事から‘気密パッキン’を既存の窓枠に張り付けた後、サッシの樹脂枠を取り付けました。

これで冷気が室内に侵入する事が防げます。他社では考えもしない!細かな所にも気配りをしています。

気密パッキンの値段も知れたものですしね!

R0012380_2 

という事で明日(2/13)も我孫子市で内窓工事を行います。

今度は10箇所!・・・・・・・横山がんばれ!・・・・・えっ!私にも手伝えと!!

-------------------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  

04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.com

info@m-a-sekkei.com

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 我孫子市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市

-------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧