しこだの家

2008.02.19

「しこだの家」  竣工~完成体感内覧会~引渡し式

「しこだの家」が竣工して、先週の土曜日と日曜日に‘完成体感内覧会’、18日にお引渡しを行いました。

Photo 

この住宅は若いご夫婦と幼稚園児のお子様1人の計3人が住まわれる住宅で、「家族の姿がうかがえるオープンで明るい住宅」を目指して設計・施工をしてきました。

建物性能に納得された上で私たちの新しい提案(コンセプト)にも賛同頂き、“小さな熱源による全館暖冷房”の住宅は完成しました。

外観は、私の大好きな‘アーリーアメリカン’、内部は無垢素材をふんだんに用いたポップな仕上がりです。

外張り断熱のトップメーカーである‘アキレス㈱’が新しく開発した‘Q1ボード’で基礎・外壁・屋根の全てを覆い、気密も0.2c/㎡と次世代省エネ基準を大幅にクリアする性能を確保。

Dscf3139 冬の暖房は‘電気蓄熱輻射熱暖房器’1台で全館暖房。

この暖房器は、深夜電力で耐熱レンガを暖め日中に放熱をする機器で、ヨーロッパでは昔からポピュラーな暖房器です。この暖房機を基礎(耐圧版)の上に置き、コンクリートにも蓄熱させます。気になる電気代は、オール電化住宅だと割引もあり10月~4月まで可動して月平均6,000円前後の電気代しかかかりません。もちろん、建物性能いかんですが・・・・。

夏の冷房は、エアコン1台で全館冷房を実現します。

暖房器の熱入れは、内覧会の3日前に行いました。入れた翌日の室内温度は、15℃。その翌日は17℃。内覧会当日は19℃と徐々に建物に熱が入り、最終日には予定の20℃になりました。

家の中での温度差は1階床面と2階吹き抜けの天井面で、たったの1℃しかありません。

これはさすがの私もビックリ!

そして、この暖かさは実に自然。全館空調の暖かさとは一味違う、輻射熱の暖かさが体を覆ってくれ、実に心地良く感じられます。

このコンセプト住宅は大成功でしたので、今後第2段階を考えています。

当然、内覧会にいらした全てのお客様がビックリしていました。

「本当にこれ1台で暖房しているの?」「足元もまったく寒くないね~」と驚きの連続でした。

数組のお客様は1時間以上体感頂き、「寒い家に帰りたくない!」という方まで。

多くのお客様に‘省エネ住宅’を体感して頂く事が出来、嬉しく思いました。

Photo_2   2_2

内覧会当日には多くのお客様にご来場いただきました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。来場のお客様の中には昨年夏の「永楽台の家」の完成体感内覧会にも足を運んでくださった方まで・・・・。  ・・・感謝です。

又、多くのOB施主の方々も「どれどれ、うちとどう違うんだ」という感じでご来場頂き、差し入れまでもいただきました。

これも本当に感謝です。

そして翌月曜日は、引渡しです。

AMに銀行に行きローンや登記・保険などの手続きを行い、午後から‘引渡し式’に臨みました。

この引渡し式の内容は秘密です。

Photo_3 

お客様のOさまには「記念になります!」と大変好評でした。

次のお客様のためにも内容は書けません。サプライズがなくなりますものね~。

こうして竣工~完成体感内覧会~引渡し式と一連の行事が終わりました。

そして今回も一抹の寂しさが・・・・・。

尚、「しこだの家」の竣工写真をマイフォトにUPいたしました。ご覧ください。

「豊住の家」では、基礎が完了しています。

いよいよ、フレーミング(構造組み立て)に入ります。

そして「豊住の家」から、このビルディングダイアリーは弊社現場担当の横山に引き継いでもらう事といたしました。つたない内容になるかもしれませんが、長~い目で見てあげて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.06

2つの現場の模様

まずは「しこだの家」

Dscf3057

エントランスドアの塗装と玄関飾りの塗装が完了しています。

内部ではクロス工事も終わり、電気の器具付けやトイレや洗面化粧台の設置が

進んでいます。

16(土)・17日(日)の内覧会に向けて仕上げの段階です。

内覧会情報はコチラをご覧ください。(データが少々重たくなっています、チョット待ってネ)

こちらは「豊住の家」です。

日曜日と本日の「雪」の影響で検査を1日延ばしました。

基礎配筋は完了済みでJIOによる検査も当然合格です。

明日コンクリート打ちの予定です。雪や雨の影響を受けなければ良いのですが・・

Dscf3064

Dscf3066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.31

2つの現場の状況

まずは、「豊住の家」です。

随分と更新が遅れまして申し訳ありません。

現在の状況は、基礎工事の先行部分である「深基礎」の作業中です。

Dscf2953

遣り方出し~掘削の後、

Dscf3014

深基礎の配筋、

Dscf3018

JIOによる深基礎配筋検査

Dscf3039

ベース部のコンクリート打ち

Dscf3042

~その他の部分の建物基礎の砕石

そして配筋という工程になっています。

又、地鎮祭の時に神社さん(神主さん)から預かった沈め物を埋設しました。

Dscf3044

ここまでの工程写真は、マイフォト「豊住の家」にて公開しました。

ご覧ください。

そして、「しこだの家」です。

内部でのクロス貼り作業の真っ最中ですが、

Dscf3049

エントランスの階段と

Dscf3054

タイルの施工が完了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.22

足場外れる

外部の足場がはずれました。

外観のおでましです。「しこだの家」は、ホワイトのラップサイディングにグリーンのモールディングを採用しています。ポーチデッキとあいまってアーリーアメリカン全開です。

Dscf3004

内部では、塗装工事がスタート。今回はクリア塗装仕上げです。ムクの風合いを生かした仕上げとなります。

Dscf3009 いよいよ、工事もラストスパートです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.18

「豊住の家」始まる

豊住の家がスタートしました。

この「豊住の家」のお施主様は若いご夫婦で、共に花粉症であり、奥様に至っては

シックハウス症候群でもあるそうですが、昨年弊社で行った完成内覧会の全てに

お出で頂き、空気の質と性能や機能にも満足を頂きました。

昨年の10月より設計を開始して、今週の地鎮祭を迎えました。

現場の状況は、当ブログでご紹介いたします。お楽しみに!

Dscf2877

さて、こちらは「しこだの家」です。

工事は、外壁工事も完了して外部は’ほぼ’完成です。

内部の造作工事も今週であらかた終わります。

Dscf2965

来週からは、内部での塗装工事。

再来週からは、内装工事に移ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.10

明けましておめでとうございます

お正月も終わったのに’明けましておめでとう’もないものですが、
現場日誌の更新は、新年最初となります。

今年もよろしくお願いいたします。

さて、「しこだの家」の工事は7日から既にスタートしています。
外壁の工事は最終段階です。今週中にラップサイディングの張り込みが
終わり、シーリング処理を残すのみとなります。

又、内部での造作工事は2階があらかた終了して、1階の床を張っています。
1階の床は、桧のムク材です。
Dscf2793

この床材は、私たちの住宅では’標準’として採用せれていて既に4件の実績があります。
桧は、ほどよく柔らかく踏み心地がとてもいい材料で、
経年変化により’アメ’色に変り、風格もでます。

そして、このムクフローリングの最大の特徴がワックスにあります。
’蜜ロウワックス’といい、自然成分のワックスです。
この特徴については「若手スタッフ」のブログでも紹介しています。
是非、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.28

内部の壁ボード貼り

現在、造作工事は2階の床張りを終え、
壁のボード貼りが行われています。
Dscf2773


そして、外壁工事も約3/4ほどを貼り終え、
道路面を残すのみになっています。
Dscf2776

本年の工事は本日までとなり、新年は7日からとなります。

本年も当ブログをお愛読頂き誠にありがとうございました。
来年も引き続きのご愛読よろしくお願い致します。

良いお年をお迎えください。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.20

「しこだの家」施工状況

随分、お待たせしました。

ちょっとサボりすぎだったかな?
この間、随分と現場は進んでいます。

しこだの家の施工状況です。
詳しくは、フォト欄の「しこだの家」をご覧ください。

また、月曜日に気密測定を行いました。
測定の結果は、0.28c㎡/㎡でした。
測定は、建物を減圧して空気の流入口を捜します。
想定していた箇所からの流入がありましたが、あらかた処理。
その後、測定をしました。最終的には、0.2c㎡/㎡を切る数値に
なると思われます。これ以下の数値は追いかけず終了。。。

Dscf2670

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.11

外部建具と取り付け

「しこだの家」では、外断熱材の張り込みが完了して’外部建具の取り付け’も終わりました。
Dscf2571


屋根材も搬入され屋根部分もベールを脱いでいきます。
Dscf2582

Dscf2585

本日、エントランスドアも取り付け完了!
Dscf2593

私たちの住宅の仕様は、’熱を逃がさず、入れず’を考えた超省エネルギーな仕様です。

ここに写っているサッシは、遮熱Low-E高断熱複層樹脂サッシです。
断熱は、日本で一番熱貫流率の低い アキレス外張りQ1ボード
エントランスドアは、アメリカのファイバーグラスドアで高い断熱性と気密性を誇ります。

現在、造作工事は外部軒裏のレッドシダー、来週よりウッドデッキに取り掛かります。
お楽しみに!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.29

フレーミング完了一歩手前!

フレーミングがもう少しで完了します。

小屋壁の作成、タル木を流して
Dscf2505

屋根の断熱材を敷いて
Dscf2518

通気道縁を打ち、屋根合板を張ります。

明日には、完了する?かも!

12/1は、お施主様を交えた’上棟打ち合わせ’があります。

*構造と外断熱の内覧会を開催します。
  日時:12/8(土)・9(日)  10:30~16:30
  ホームページの新着情報をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)