砕石の転圧が終わると、その上に地面からの湿気を抑えるために防湿シートを被せます。
その後、基礎の外周部に捨てコンクリートを打設し、後日その捨てコンの上に型枠を立てていきます。