写真は外壁部の構造用面材です。
枠組壁工法(2×4工法)では釘の間隔によって4.7倍もの壁の強さを得られます。