水糸で建物の芯を出した後、その上からわかりやすいようにビニールヒモで芯を出します。
たいていは、基礎工事が入ってから遣り方出しという形で建物の芯がわかるのですが、今回は基礎工事の前に地盤改良(杭工事)が入るので、事前に地縄張りを行なっています。