写真は、配筋作業(鉄筋組み)の風景です。
鉄筋の下には、スペーサーという石ころのようなものを入れ、被り厚さといって砕石と鉄筋との間のコンクリート厚を確保します。