基礎の立ち上がり部のコンクリートを打ったので、養生期間に入ります。
養生とは、打ったコンクリートをそのままにしておくことです。そうすることによってコンクリートの強度が増してくるのです。
この期間は、職人さんの出入りがないので、防犯の役割も果たしています。