構造体(柱や梁)を金物で補強して行きます。
最近の在来木造では、2×4工法以上に金物
に頼る傾向にあります。
これは、「阪神淡路地震」以降のことです。