捨てコンが固まるのを確認すると、外周部の型枠を組み、基礎部の外張り断熱材を設置します。
そして、間隔を確認しながらきれいに鉄筋を組んでいきます。