弊社では全棟行う気密測定。
高断熱・高気密住宅では必須の測定で、簡単に言えば家の隙間の量を測定するという事。
この住宅では過去最高の数値(超高気密)0.11c㎡/㎡と家全体の隙間が名刺約半分の面積しかないという状態までいきました。
場所柄、踏切や電車音などが気になるところなので高い減圧、という面では少々心配がありますが、音の面ではサッシ性能も相まってまったく気にならないレベルまで達しました。