耐圧版のコンクリート打ちが終わると、今度は立ち上がり部のコンクリート打ちの準備として、内部に型枠が組まれます。その時に、アンカーボルトやホールダウン金物の設置も行なわれます。