内部の型枠組みが行なわれています。
この時に、枠の幅や人通口の位置、アンカーボルトなどもチェックしていきます。