m-a-sekkei.cocolog-nifty.com > しこだの家

弊社の住宅性能や考え方に賛同を頂きホームページやブログをじっくり観察され、私たちに住宅建築を依頼されました。 「快適に暮らしたい!」という考えの基、土地探しからスタート。 「いい意味で小さい家」を目指して設計中です。

敷地

敷地

しこだの家  2007年8月 2日 (木)

現在の敷地の状況です。


地盤調査

地盤調査

しこだの家  2007年8月 2日 (木)

地盤調査の風景です。
スェーデンサウンディング式の調査


地鎮祭

地鎮祭

しこだの家  2007年10月28日 (日)

2007/10/28

台風一過の秋晴れの中、諏訪神社の神主さん
を向かえ行われました。


先行配管

先行配管

しこだの家  2007年10月29日 (月)

基礎に先立って北側の給排水の配管を先行して行っています。


沈物

沈物

しこだの家  2007年10月31日 (水)

沈物を建物の中央付近に埋めました。
この沈物は、神社さんから預かった神物で
建物の守り神となります。


砕石地業

砕石地業

しこだの家  2007年10月31日 (水)

砕石地業です。
基礎コンクリートの下で建物を支える大事な工程となります。


砕石地業完了全景

砕石地業完了全景

しこだの家  2007年10月31日 (水)

砕石地業を完了した風景です。


防湿シート、外周基礎の捨てコンクリート

防湿シート、外周基礎の捨てコンクリート

しこだの家  2007年11月 1日 (木)

砕石を転圧後、防湿シートを敷き
外周基礎の捨てコンクリートを打ったところです。


配筋

配筋

しこだの家  2007年11月 3日 (土)

外周基礎の仮枠を建てた後、配筋をします。
現在の写真は、耐圧板と外周基礎の立ち上がり筋
の配筋風景です。


配筋検査

配筋検査

しこだの家  2007年11月 5日 (月)

JIOによる配筋検査を受けています。
鉄筋のピッチや継ぎ手、補強筋などの
チェックを受けます。

ちなみに検査は合格です。


耐圧版のコンクリート打ち

耐圧版のコンクリート打ち

しこだの家  2007年11月 5日 (月)

検査後、耐圧板のコンクリート打ち
を行いました。

コンクリートの厚さは、150mmです。
配筋は、D10@200です。


内部の型枠

内部の型枠

しこだの家  2007年11月 8日 (木)

内部基礎の型枠風景です。

弊社の基礎は高さが他社よりも少し高い為
外廻りでは、鋼製枠が使えませんので
木製型枠を使用しています。

ビルなどでは当たり前の木製型枠ですが、
住宅の基礎では長持ちさせる為に
鋼製の枠を用いる事が多くなっています。

ですが、重いんですよね。


アンカーボルトの設置

アンカーボルトの設置

しこだの家  2007年11月 8日 (木)

アンカーボルトの設置風景です。

アンカーボルト設置は、以前アンカーホルダーというもので設置していたのですが、
打ち込みの際にアンカーの高さがずれた時用意に動かないという事で
今回より型枠固定方法に換えました。


立ち上がりコンクリート打設

立ち上がりコンクリート打設

しこだの家  2007年11月 9日 (金)

基礎の立ち上がり部分のコンクリートの打設風景です。

天端の高さをレベルを見ながら打設してゆきます。


ウッドデッキ基礎の配筋

ウッドデッキ基礎の配筋

しこだの家  2007年11月13日 (火)

ウッドデッキの基礎の配筋です。
建物基礎側にケミカルアンカーを挿入して
ウッドデッキ基礎配筋を一体化します。


ウッドデッキ基礎とポーチ部のコンクリート打設

ウッドデッキ基礎とポーチ部のコンクリート打設

しこだの家  2007年11月13日 (火)

先に配筋したウッドデッキ基礎とポーチ部分(玄関土間)の
コンクリートを打設している風景


先行配管

先行配管

しこだの家  2007年11月14日 (水)

ヘッダー式による給水管と給湯管の
配管状況です。

このヘッダー式の配管システムのお陰で
’漏水’の心配が大幅になくなりました。


基礎完了

基礎完了

しこだの家  2007年11月15日 (木)

一部を残して基礎工事が完了しました。

工程では、15日:先行足場、16日から
いよいよフレーミング工事がスタートします。


先行足場の組み立て

先行足場の組み立て

しこだの家  2007年11月15日 (木)

先行足場の組み立て風景


気密パッキンと土台シート

気密パッキンと土台シート

しこだの家  2007年11月16日 (金)

基礎の立ち上がり部分に気密パッキンを敷き、
土台シートを敷いています。

気密パッキンを入れることにより、基礎のコンクリートと
土台の隙間がなくなります。
又、土台シートは湿気対策として敷いています。


土台と大引

土台と大引

しこだの家  2007年11月17日 (土)

基礎の上の土台と中間に位置する
大引きを敷き終えたところです。

又、外周基礎の内側の白い物は
土間断熱材で、外周と内部に入り込んでいる
基礎の熱橋部分を断熱しています。


1階床合板

1階床合板

しこだの家  2007年11月17日 (土)

1階の床合板を張っているところです。
この合板は、厚さ28mmの厚物合板で
防水加工が施されています。


1階の壁建て

1階の壁建て

しこだの家  2007年11月17日 (土)

1階壁建ての風景です。


1階の壁建て 2

1階の壁建て 2

しこだの家  2007年11月19日 (月)

床を作業台にして、壁を作成。
その後、壁を起こしてゆきます。


ホールダウン金物

ホールダウン金物

しこだの家  2007年11月19日 (月)

建物の四隅に入っている金物です。
ホールダウン金物(引き抜き金物)といいます。

地震などの縦の外力に対抗します。
通常、2階建ての建物には入れません。

弊社では、どの建物にも配置しています。


2階の床

2階の床

しこだの家  2007年11月21日 (水)

2階の床根太敷きです。
この上に床合板15mmを張り
2階の壁を建て込みます。


2階床合板敷き

2階床合板敷き

しこだの家  2007年11月22日 (木)

2階床の合板敷きの風景です。
合板の厚みは、15mmです。


2階壁

2階壁

しこだの家  2007年11月24日 (土)

2階の壁の作成風景です。

2×4工法は、床を作業台にして壁を作成、
起こして行きます。


小屋

小屋

しこだの家  2007年11月27日 (火)

小屋の作成風景です。

手前に見えているのは、ロフトの床です。
フレーミングもいよいよ最終段階に入りました。


タル木

タル木

しこだの家  2007年11月28日 (水)

屋根の下地となるタル木です。
材料は、208(ツーバイエイト)という材料です。

四角い穴は、トップライトの開口です。


屋根断熱

屋根断熱

しこだの家  2007年11月29日 (木)

先程のタル木に’屋根断熱’を敷きます。
断熱材は、アキレスQ1屋根用ボードの45mmです。

’永楽台の家’まで使っていた断熱50mm品よりも
熱貫流率が小さく、薄くなりバージョンUPしています。


上棟打合せ

上棟打合せ

しこだの家  2007年12月 1日 (土)

12/1 上棟打合せ


JIO検査

JIO検査

しこだの家  2007年12月 5日 (水)

12/5 JIOによる構造体検査の風景

この写真は、シュミットハンマーによる
コンクリート強度の検査風景です。


サッシ取り付け

サッシ取り付け

しこだの家  2007年12月 7日 (金)

遮熱Low-E複層樹脂サッシと取り付け風景です


屋根材

屋根材

しこだの家  2007年12月 8日 (土)

屋根材は、アメリカで最もポピュラーなファイバーグラスの屋根です。
30年以上の耐候性を誇るメンテナンスフリーの屋根材です。


エントランスドア

エントランスドア

しこだの家  2007年12月10日 (月)

エントランスドアの取り付け風景です。
このドアは、ファイバーグラス性で高い断熱と気密性を誇ります。

日本の玄関ドアのような緻密な丁番(自由が利く)はありませんが
価格と品質のバランスは取れている簡単な仕組みになっています。

もちろん、ピッキング対策は考慮済みです。


システムバスの施工

システムバスの施工

しこだの家  2007年12月13日 (木)

システムバスの施工途中です。


24時間機械排気型換気システム

24時間機械排気型換気システム

しこだの家  2007年12月13日 (木)

換気システムです。

第3種換気方式で、自然給気、ダクトによる機械排気
の方式です。


通気胴縁

通気胴縁

しこだの家  2007年12月18日 (火)

通気胴縁の施工風景です。

この木の上に外壁を施工します。
木と木の間は、通気層といって温度差を利用した
煙突効果により断熱の効果があるといわれています。

又、遮熱効果もあります。


屋根施工完了

屋根施工完了

しこだの家  2007年12月19日 (水)

屋根の施工が完了しました。
アイリッシュグリーンが映えています。


2階勾配天井の内部断熱

2階勾配天井の内部断熱

しこだの家  2007年12月19日 (水)

夏の猛暑対策として、屋根の外断熱にプラスして
取り入れた充填断熱です。

高性能グラスウール100mmを採用しています。


ウッドデッキの屋根

ウッドデッキの屋根

しこだの家  2007年12月20日 (木)

ウッドデッキもほぼ完成しました。

足場があり全容はお見せできませんので屋根
を公開します。


2階勾配天井の北欧パイン

2階勾配天井の北欧パイン

しこだの家  2007年12月20日 (木)

2階天井の北欧パインの施工風景です。

現在、天井全体の施工が完了しています。


2階床張り

2階床張り

しこだの家  2007年12月25日 (火)

2階の床張り風景です。

床材は、さくらのムクフローリングです。
左端に見えているのは、遮音用のボードです。

音の伝達は、質量によります。
床材の下に質量(密度)の高いものを入れると
消音効果が出ます。

ほとんどの住宅で、このような処置が行われておらず
階下の音の問題が解決できていないようです。


内部のボード貼り

内部のボード貼り

しこだの家  2007年12月27日 (木)

内部(2階)の壁ボード貼りが行われています。
石膏ボード12.5mmです。


外壁工事

外壁工事

しこだの家  2007年12月27日 (木)

外壁工事の風景

外壁は、ラップサイディングです。


外壁工事

外壁工事

しこだの家  2008年1月 8日 (火)

ラップサイディング


桧ムク フローリング

桧ムク フローリング

しこだの家  2008年1月 8日 (火)

木曾桧のムクフローリングの張り込み風景です。


階段の施工

階段の施工

しこだの家  2008年1月16日 (水)

階段の施工状況です。

階段下は、電気式蓄熱暖気機の置き場となっているので
空間が出来ています。


階段手摺り

階段手摺り

しこだの家  2008年1月18日 (金)

階段手摺りです。

この手摺りも輸入品でオークのムク材です。
塗装をして仕上げます。


足場ハズシ

足場ハズシ

しこだの家  2008年1月22日 (火)

足場がはずれました。

外部では、残りの工程が始まります。


塗装工事

塗装工事

しこだの家  2008年1月22日 (火)

内部では、塗装工事がスタートしました。

今回はクリア仕上げです。
塗料はもちろん国内最高規格品を使用しています。


エントランス階段

エントランス階段

  2008年1月30日 (水)

エントランスの階段です。

エントランスデッキに昇るための階段で
外構工事で行っています。


エントランスタイル

エントランスタイル

しこだの家  2008年1月31日 (木)

玄関内のタイルです。

タイルは、スペインの素焼きタイルのテラコッタタイルです。


エントランスドア

エントランスドア

しこだの家  2008年2月 2日 (土)

エントランスドアの塗装と
ドアヘッド+ピラスター(柱飾り)の塗装が完了しました。


竣工写真 1

竣工写真 1

しこだの家  2008年2月14日 (木)

2階マスターベットルームからロフト・吹き抜けを望む


竣工写真 2

竣工写真 2

しこだの家  2008年2月14日 (木)

1階リビングダイニングからキッチン・ロフトを望む


竣工写真 3

竣工写真 3

しこだの家  2008年2月14日 (木)

リビングからエントランスを望む


竣工写真 4

竣工写真 4

しこだの家  2008年2月14日 (木)

吹き抜け:1階からロフト天井面を望む


竣工写真 5

竣工写真 5

しこだの家  2008年2月14日 (木)

キッチン


竣工写真 6

竣工写真 6

しこだの家  2008年2月14日 (木)

エントランスウッドデッキ


竣工写真 7

竣工写真 7

しこだの家  2008年2月14日 (木)

外観


竣工写真 8

竣工写真 8

しこだの家  2008年2月14日 (木)

エントランスドア