構造体が組み上がり屋根下地が完了したところで、瑕疵保険の躯体検査を行います。
事前に提出している図面と現場を照合しています。
もちろん、なんの問題も無く合格です。